日々是〆〆吟味

自分で考えていくための参考となるお話や本の紹介を目指しています。一番悩んだのは10歳過ぎだったので、可能な限りお子さんでもわかるように優しく書いていきたいですね。

神との契約と契約概念における自分を守るための守護者という民族宗教的認識の問題点 ~自分たち以外の人に厳しい余所者人間観

 

民族宗教的認識の問題点 〜自分たちだけで、余所者は人間じゃないんです

ユダヤ教とそこから生まれたキリスト教イスラームがどう違うか、なんて大問題は当然私には荷が重いのでいつものようにここで考えるのに使えそうなところだけ考えてみますね。

 

f:id:waka-rukana:20200807234356j:plain

 

自分たちのことを考える民族宗教的認識

とりあえずユダヤ教民族宗教です。前回書いたようなユダヤ人のかわいそうな歴史から生まれた、ある種自己弁護の塊のような宗教観だ、と意地悪に受け取れないこともありません。それは言い換えると自分たちのことだけを考える宗教です。ユダヤ教の神は圧倒的な神様として存在していますが、その神様が救ってくれるのはユダヤ人だけです。だからユダヤ聖典モーセは神様と契約を結ぶのですが、それはあなたを信仰する代わりに自分たちの民族(ユダヤ人)を守ってね、という約束なのです。他の民族のことは考えていません。なんなら敵なので滅ぼして欲しいくらいなのかもしれません。

 

一神教と契約概念

ちなみに一神教ではこうして人間(モーセ)が神様と約束=契約を交わします。佐藤優によると、これこそが欧米の契約社会の基礎なのだそうです。つまり神とすら契約をして自分たちの行動や利益を守る、それを人間相手にしているのが契約社会であり、神相手にすら交渉しお互いに条件を決め約束するというのに人間同士の交渉で決めたことなど神と比しても軽々に破るわけにはいかない、という考え方になるのだそうです。ですから一神教(ユダヤキリスト教イスラーム)以外の仏教・儒教世界に住んでいる東洋人には究極のところで契約社会の意味が理解できていない、と指摘されていました。ただ、私はどこかの雑誌で読んだのでどの本に載っているのかは残念ながらわかりません。ただ一応これかな、と思う本は下に載せておきます。

 

f:id:waka-rukana:20200807234722j:plain

 

民族守護と神

ともかく、ユダヤ教ユダヤ人のための宗教です。神もまたユダヤ人を守ってもらうためにモーセは約束してもらいました。守ってもらうためにどうしたのかというと、様々な儀礼をすることにを誓い、いくつもの規則を守るようにしました。それがユダヤ教の律法となるらしいのですが、代わりに最強の神様に守ってもらえるようになったわけです。

 

この自民族を守ってもらえる、という態度は他の民族宗教でも同じようです。大体どの神話でも戦神がいますが、それは自分たちが戦争で勝つためです。戦をやめろ、という神様は多分いないんじゃないでしょうか(いるのかな?)。いたとしてもそれは身内の争いをやめろというだけで、敵との争いをやめろとは言わないかもしれません。それは自分たちだけがよければいいのであって、他の民族など考えの範疇に入ってないからです。

 

アリストテレスの余所者人間観 〜動物以上、人間未満

たとえば山川偉也はアリストテレスの政治哲学ですらそうだった、と言います。アリストテレスはポリス的と言える認識を持っていたそうですが、私はアリストテレスを数冊読んだだけで大半は読んでいません(当たり前だーっ)ので正確にはわかっていません。それでも一応説明してみますと、ポリスというのはギリシア都市国家のことを指すのですが、そうしたポリスだけを考えたポリス中心主義なのだそうです。そこから人間観も現れていて、ポリス的人間のみを人間と規定し、それ以外の人間、つまりアリストテレス的ポリス人間からすれば蛮族とみなされる者は完全な人間とみなされません。ではなんとみなされるかというと、まず人間の対局にあるものとして動物を規定し、蛮族を人間と動物の間の存在、として規定するそうです。つまり

 

人間・・・蛮族・・・動物

 

という関係になるわけです。

 

これが当然差別の構造を持つことは疑えません。そのためアリストテレスは奴隷必要論だったそうです。アリストテレスほどの頭脳の持ち主でも奴隷を容認した、と知性と人類の進歩についてよく例に出される気もしますが、これがまさに民族的な態度なわけです。余所者は人間じゃないんですね。

 

f:id:waka-rukana:20200718233412j:image

 

山川偉也はそのため、アリストテレスの政治哲学が黒人や未開部族に対する差別や奴隷化に思想的根拠を与えた震源であると大変批判的でした。そしてアリストテレス的人間観に対峙するものとして樽の中のソクラテスと呼ばれたディオゲネスを置くのでした。この場合、アリストテレス民族宗教的でディオゲネス世界宗教的に扱われているわけですね。

 

とりあえず民族宗教的な捉え方は少し説明できたでしょうか。長くなりましたから、また次回。

 

気になったら読んで欲しい本

佐藤優『交渉術』】 

う〜ん、多分この本じゃないかなぁ、と思うのですが、おそらくこの本の元となった連載で神との契約が人間同士の契約という考え方の基礎で、ユダヤキリスト教的な考え方である、と書いていたはずです。

佐藤優は元々マルクス主義者だったのですが、大学に入るときバリバリのアカ(もう死語かな)になっては困ると両親から無理やり同志社に入れられたそうです。しかしマルクスは基本的に宗教批判の人で、宗教は民衆の阿片である、と述べていました。そのため佐藤優自身はマルクスのやったように徹底して宗教批判をするつもりで神学部に入ったのですが、その時の神学部の教授が、そういう倒してやろうと思っている人ほど転ぶと信心深くなる、と言って本当にそうなったそうです。ですから佐藤優キリスト教、もしくは神学が土台にあるそうです。

 

【山川偉也『哲学者ディオゲネス』】 

で、こちらがアリストテレスの政治哲学を批判的に説明してくれている本。どうもディオゲネスのみを取り扱った本というのはこれだけのような気がします。しかしかなり細かいことも書かれていますので、関心のない人は面白くないかもしれません。

ディオゲネスっていう人はとても面白い哲学史上屈指の変人ですので、その風聞でも知っていれば面白いかと思います。でもその話だけでも面白くなってしまうのでここではやめておきましょう。いつかネタにして書ければいいですね。

 

次の日の内容

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/08/28/193010

前の日の内容

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/08/26/193016

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 お話その84(No.0084)

【ユダヤ教とは何かわかりやすく】普遍性のある世界宗教の前段階としての民族宗教:ユダヤ教の場合 ~多神教と異なる特異な一神教を生んだ時代の敗北者としてのユダヤ人

 

普遍性の前の民族宗教:ユダヤ教の場合 〜いじめられっこのユダヤ

普遍性としての世界宗教

ただ、普遍的な思想とみなされるものは、やはりそれ相応の理由がある、とも考えられます。柄谷行人世界宗教を普遍的とみなしていましたが、それは他の民族宗教と比較してそう考えられるわけです。

 

f:id:waka-rukana:20200807234356j:plain

 

共同体的な民族宗教

では民族宗教というものがどのようなものか、といえば、どうも自分たちを説明し正当化(もしくは正統化かな)するもののようです。これは余所者と比べて自分たちがいかに違うか、ということを神話的に説明しているようなものを思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

 

ユダヤ教徒特異な一神教

たとえばユダヤ教民族宗教ですが、キリスト教イスラームというセム一神教というものの母体になりました。これらの特徴は強烈な唯一神を祀る一神教だということです。しかし、実はこの唯一神という考え方自体がかなり歴史的に特異な出来事だったようです。というのも、普通神様というのはそれぞれの民族の間で自然を擬人化し説明するための神話として現れてくるので、自然現象に倣って多神教であることが当たり前なのだそうです。その中で主神とされる神様が選ばれるわけで、他の神様を排して一人だけの神様、というのはユダヤ教以外には現れなかったそうなのです。ギリシア神話北欧神話でも雷神はゼウスやトール、主神もゼウスやオーディンであって、他に神様はたくさんいますからね。

 

敗北者としてのユダヤ

しかし、ではなぜユダヤ教では一神教が成立したのでしょうか。それはユダヤ人が民族として連戦連敗の敗北者だったからだ、というのです。とにかく迫害されまくった歴史を生きてきたそうです。それはつまり、現実政治の場で敗北者だった、ということのようです。常に戦争では負け、奴隷とされ、他人の土地でなんら権利を与えられることもなく、ぞんざいに扱われ続けた。そのような歴史だったようです。

 

概念内における絶対勝者としての唯一神

そのため、現実では勝てないユダヤ人は自分たちの神話の中で勝利者として振る舞いました。当然ユダヤ人が酷い目にあっている時も、その支配者層には独自の宗教があり、祀る神がいたわけです。しかしユダヤ教ではそれらは本物の神ではありません。邪教であり、邪神です。そして真の唯一なる神は自分たちユダヤの神であり、それ以外にはいない。本当の神に選ばれているのは我々ユダヤ人であって、他の民族は偽物の神を崇めているだけにすぎない。こう考える=神話化することによって、自分たちの酷い状況を頭の中で乗り越えようとしていたのだそうです。

 

f:id:waka-rukana:20200807234701j:plain

 

そのためユダヤ教では神は唯一神でなければなりませんでした。なぜなら、他の神は全て偽物だからです。これが戦争で勝てる民族であればこうはならず、勝った方が負けた方の神様を自分たちの下とみなして神話の中に取り込んでしまいます(そのため神様の関係はちょっと突っ込んで読むと複雑怪奇なわけのわからないものになっています)。けれどもユダヤ人は勝つことのない絶対的な敗北者だったためにこうした神様の序列化をすることが出来ませんでした。つまりナンバーワンになれないのでオンリーワンにしてしまったわけです。

 

f:id:waka-rukana:20200807170123p:plain

 

なんだかこんな説明をしてしまいますと、自意識過剰な中学生がまことしやかに自分の経歴を偽作してしまうような態度にも思えてきます。今で言う中二病というやつでしょうか。しかし実際に中学生の時に自分の神様を作り上げて、その生贄のために本当に人殺しをしてしまった酒鬼薔薇聖斗のような人もいました。もしかした本当に一脈通じるものがある可能性も、私は否定出来ない気がします。

 

唯一神という世界史上稀有な概念

ともかくユダヤ教はこうして唯一神という世界史上稀有な概念を生み出しました。これがユーラシア大陸の西で圧倒的な発展をし、世界中を席巻することになります。しかし、ではユダヤ教と他の世界宗教とではなにが違うのでしょうか。自信ありませんが、次また考えてみましょうね。

 

気になったら読んで欲しい本

橋爪大三郎,大澤真幸『ふしぎなキリスト教』】 

ユダヤ人が連戦連敗の敗北者、という説明はこの本の中で橋爪大三郎が発言してたんじゃないかと思います。昔ベストセラーになりましたから読んだ人も多いかもしれませんね。キリスト教の入門を対談形式でやったものですが、その起源としてユダヤ教についても話していたんだと思います。

ウェーバー『古代ユダヤ教』】 

で、多分元ネタの一つはこの本かな、とも思うので載せておきます。2人とも社会学者ですから当然ウェーバーの宗教論を踏まえているでしょうし、直接間接関わらず必ず影響があるかと思います。ウェーバーは宗教自体を社会学の対象とし、古典的な業績をたくさん残しましたのでとてもおすすめです。ただ、劇的に難しいです。なにせウェーバー先生ご病気でしたので、文章が非常に乱れているのだそうです。ウェーバーを訳した清水幾太郎大塚久雄もそう述べておりました。

ウェーバーユダヤ人を指して根っからの賎民であると書いていたかと思いますが、その徹底した抑圧が世界史的なバネになったのかと思うとなにがいいのかわかりません。宮台真司がよくひくヘーゲルの理性の狡知というやつでしょうか。敗北者がそのまま敗北者であるのかわからない…なにかこれも歴史だけでなく人でも当てはまりそうですね。

 

柄谷行人『探究2』】 

柄谷行人世界宗教についてはこちら。前も載せましたね。他には他者に対して単独者というものも考えています。やっぱり面白いと思うけどなぁ。

【呉茂一『ギリシア神話』】 

で、他の宗教の例としてギリシア神話の、おそらく日本で書かれた1番優れていると思われる解説書。とても面白く、読みやすく、情報量が多いです。私は1番だと思っています。

これを読んでみるといかに宗教や神話があちこちの信仰をとりこんで混ざり合い、細かいところで矛盾を残しながらひとつの体系になっているのかが仄見える気がします。どの地域では誰それが信仰されていたらしいが、他の地域でもそうで、しかし形態が違い、また別の神の特徴が他の神のものとみなされ、被征服者の信仰の残滓が見える、などといった指摘がたくさんあります。テレビゲームなどでなれたシステム化された神話の世界とはえらい違いのややこしさです。文化の伝播や統一って、こんな難しいものなのか、と思わないでもありません。

ちなみに古い本でよく読まれたのかして、古本屋で安く置いてあることが多いです。これが老舗の文庫本のいいところですね。

 

次の日の内容

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/08/27/193013

前の日の内容

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/08/23/193052

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 お話その83(No.0083)

普遍的価値観のある世界の大思想のありか。~四大文明の世界の大思想とそれ以外の思想の存在価値

 

知られたものと知られていないもの 〜でも、それと中身は一緒じゃないかも

立場を超える普遍的価値観のある大思想

人が集まればまとめるために決定権を持つ人間が現れて政治が成り立つ、ととりあえず考えてみるとして、でもその一人だけでみんな決めてしまわれたら周りも困ることがあるよ、という異議申し立ても現れてくるんじゃないかな、とも考えてみました。そこでこうした対立関係があると仮定してみまして、上でもなく下でもないような、みんなひっくるめて考えていけるものとして普遍的な思想、というものがあるかもしれない、ともまた考えてみましょう。

 

普遍思想はどこにある?

こうした思想の土台となるような権力関係は、おそらくどこにでもあるでしょう。今のところ考えてきたようなユーラシア大陸の文明圏以外にもきっとあります。アフリカだろうが南北アメリカだろうが、オーストラリアやオセアニアだってあるに違いません。そこで生まれた思想が普遍的でないのかどうかは、実はわからないかもしれません。単に私が知らないだけかもしれませんし、また私以外にも知られていませんが、探ると実はある、ということだってあるかもしれません。

 

f:id:waka-rukana:20200807234356j:plain

 

たとえば坂本龍馬は地元高知では昔から知られていたそうですが、幕末の英雄として有名になったのは司馬遼太郎が小説で描いてからだそうです。またヴィーコという最初にデカルト哲学を批判したらしい人もいますが、評価されたのは19世紀になってからだそうです。しかし知られていないからといって、彼らが存在していなかったわけではありません。知られた後になって、歴史に組み込まれたわけですね。

 

f:id:waka-rukana:20200807155219j:plain

 

こんなことがありますから、知らない地域に普遍的な思想がないとは限りません。ただ私たちに知られた思想がユーラシア産なだけかもしれないのです。

 

ユーラシア大陸産の普遍思想

となると、ちょっと厄介な問題が出てきますね。歴史や文明がユーラシア大陸にしかないように感じられましたが、それはユーラシア大陸にしかないのではなくユーラシア産の文明や思想しか使っていない、ということかもしれないからです。ヨーロッパとイスラームとインドと中国くらいしかないように見えてしまいますが、現在の勝利者がこの中に固まっているからそこを中心にしてしか歴史を構築しないのかもしれません。

 

f:id:waka-rukana:20200806165759p:plain

 

しかし、そういったそばから逆のことも言えます。それは現在の世界を作ったほどのものだから、現在の時点で最も検討しなければならない優れたものである、という判断も出来てしまいます。そして、その判断が間違っているとも言えない気もします。アステカ文明オーパーツ持ってきてもアメリカに勝てるわけではありませんからね。ソ連も中国も共産主義だったはずなのに、結局自由経済を取り入れて成長しているわけで、それが最も相手に対して有利になれる方法であればその方法を学ぶ、ということかもしれません。

 

特殊地域と独自性

また逆に様々な地域を調査してみた結果、自分たちの文化・文明や思想というものが他の地域と違う特徴を持っている、と考えられるかもしれません。日本を例にして前書いてみましたが、日本もまたそうしたユーラシア的な文化・文明を持っていませんから、普遍性を持っていないかもしれませんし、もしかしたら共通したところもあったり違う普遍性を持っているかもしれません。

 

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/07/19/213026

 

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/08/08/193015

 

そういえばエマニュエル・トッドというフランスの歴史家は、日本は近代化という点でヨーロッパの一部だ、というようなことを新聞のインタビューで応えていたような記憶があるのですが、どこかネットに載ってないか調べてみましたがわかりませんでした。ですから信用しなくてかまいませんが、もしこれが的確な分析だとしたら、日本には普遍性を持ちうるなにかがある可能性もあるかもしれません。でも私の怪しい記憶ですからね。う〜ん、どこかで読んだ気がしたんだけどなぁ。何年前だったかも忘れましたが、トッドがよく日本の新聞に寄稿してたりインタビュー受けたりしていた時期があり、日本では日本特殊論が普通なので、逆の説明をしていたので記憶に残っているのでした。

まぁ、話半分に読み流してください。

 

長くなったのでここでやめます。

 

気になったら読んで欲しい本

【トッド『新ヨーロッパ大全』】 

トッドの話を書いてしまいましたので、一応載せておきます。私は随分前にこの本を古本屋で見かけ、そこそこ安かったので買って読んだことがあります。後々トッドが日本の新聞等メディアに登場するようになって意外でした。フランスの歴史家、それも歴史人口学とか家族人類学とか私にはさっぱりわからない専門家が何で日本で発言してるのか不思議に思えたからです。ヨーロッパで発言したものが伝わってきたのならそんなこと思わなかったんでしょうけどね。

内容はヨーロッパの近代化を生み出したのは家族構成によって説明できる、として分析したものだったような気がします。専門書のうえ知らないことばかりなので理解もおぼつかない始末です。そんなわけで他に説明も出来かねます。とほほ。

 

 

次の日の内容

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/08/26/193016

前の日の内容

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/08/22/193009

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 お話その82(No.0082)

【まとめ】英語と日本語との関係 ~話す/しゃべるー読む/理解,明治の勉強法【16】

 

現在時間がなくリンク切れのままとなっております。申し訳ありません。

 

f:id:waka-rukana:20200729165757j:plain

まとめ16 英語と日本語との関係 ~話す/しゃべるー読む/理解,明治の勉強法

このまとめの要旨

渡部昇一の英語学習の理解について書いたものを中心に、英語と日本語やその学び方などについて書いたもののまとめ。

 

書いたものの一覧

f:id:waka-rukana:20200729164637j:plain

www.waka-rukana.com

渡部昇一が書いている本から、英語学習の重要性のポイントを書いたもの。要は話せるだけではなくて、文法の水準から理解して外国文献を直接読んで自分たちの知らない先に進んだものを学ぶことの大切さと、そうした態度によって日本は近代化で成功したのであり、また古来より漢文理解のために意を尽くしていたから可能であったことなど、ーについてのお話。

 

 

www.waka-rukana.com

英語を学ぶのもいいけれど、そもそも世界認識を可能とするのは母国語(日本語)であり、母国語の満足な学習なくして英語どころか何事も満足に学べない、またそうした日本語も外国語のようにして鍛えて学んでいける、ーというようなお話。

 

www.waka-rukana.com

渡部昇一が示したようなかつての日本人の外国語の勉強の様子を福沢諭吉の自伝から紹介したもの。この猛烈さは今も残されているのかな、ーというようなお話。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

ノージック(米 1938-2002) 本【著作(翻訳)ブックリスト一覧/リンク(Amazon)】

ロバート・ノージック(Nozick, Robert)

 

ノージック著作リンク一覧

 

アナーキー・国家・ユートピア : 国家の正当性とその限界(上 嶋津格 訳. 木鐸社, 1985 下  1989 → 合本 1992)

生のなかの螺旋 : 自己と人生のダイアローグ(井上章子 訳. 青土社, 1993)

考えることを考える(上 坂本百大 ほか訳. 青土社, 19971997)

 

ノージック著作一覧

 

アナーキー・国家・ユートピア
生のなかの螺旋
考えることを考える

 

Wikipedia

ja.wikipedia.org