日々是〆〆吟味

自分で考えていくための参考となるお話や本の紹介を目指しています。一番悩んだのは10歳過ぎだったので、可能な限りお子さんでもわかるように優しく書いていきたいですね。

創造神の作った被造物の驚異としての世界の意味と、数学化された空間によるただの物への変化 ~神学/宗教から科学/数学への自然観の転換

 

神の被造物からただの物 〜自然観の転換

ではデカルト以前の自然世界はどのように捉えられていたのでしょうか。

 

f:id:waka-rukana:20200808010012j:plain

 

創世神話と自然世界

神によって世界は説明されていた、と前回書きましたが、キリスト教にはそもそも有名な神話がありますね。聖書に書かれている、神が7日で世界を想像した、というものです。ここから発して中世ではあらゆるものが神の被造物として捉えられていたようです。それは人間もそうですし、自然世界もそうです。

 

 

 

そのため自然世界というものは、神の意図したものであるとも受け取られていたようです。そこにあるものはただの物ではなく、神によって作られたものであるため、神の意図が介在している、こうした考え方です。どうもこれは中世を通しての考えではなく、中世末期から近世初期にあらわれた考え方のようですが、よくは知りません。

 

神の被造物としての物

こうした考え方から自然世界というものは、物であっても植物であっても動物であっても、それはすべて神の被造物としての意味がある、という観点になってきます。私たち流の文化に置き換えてみますと、神棚においてある鏡は神聖なものだから粗末に扱ってはいけない、というようなものです。それをヨーロッパはおらゆるものに対して神との結びつけをなして捉えるようなものです。となると、物を物として捉えることは難しくなります。

 

f:id:waka-rukana:20200808010031j:plain

 

たとえば福沢諭吉は子供の頃神さまなんていない、と子供仲間の中で宣言して神社でおしっこしたそうです。一々こうしたことを断らなければならないということは、そんな真似が咎められるからでしょう。マナーとは別に罰当たりなものとして受け取られるわけです。しかしそれはどこでも立ち小便したらダメ、ということではなく、神社なんかでしてはダメ、という意味が内包されているわけで、つまり神社というただの場所を神聖視しているわけですね。

 

これと同じことが中世的自然観にはあったようです。もちろんすべてが神聖というわけではないのですが、ともかく神の意図がある、というわけですね。

 

物の数学的認識と神意の切断

しかしそれを数学的に捉えるということはどうなるでしょうか。それは自然世界をまず空間的な世界だと規定し、そこに物質が存在している、という風に考えるのだそうです。なんだか当たり前のように受け取れるかもしれません。しかしこうして物を物としてしか捉えぬことによって、神の意図というものは物から追い出すことになるのです。福沢諭吉がおしっこをかけたように、神社の鳥居(だったかな)もトイレの便器も同じ物です。神社にあるからといって何か意味があるわけではありません。物として鳥居も便器も同じ価値しか持たないのです。

 

f:id:waka-rukana:20200807165449j:plain

 

こうしてデカルトの行った数学化によって自然世界からは神の存在が追放されたのでした。そこに残っているのはただ無機質な物でしかなくなったのです。

 

気になったら読んで欲しい本

デカルト幾何学』】 

デカルトによる自然世界の数学化を生み出した本。最近になって文庫で手軽に手に入るようになりました。内容は次回また一回分を使って書いてみたいと思います。ネタの引き伸ばしですね。

そういえば戦後の数学教育に尽力したらしい数学者の遠山啓は数学を勉強するために読めばいい古典を三冊挙げていて、この本を選んでいました。もう一冊は『ユークリッド原論』で、あと一冊は忘れました。デカルトは哲学者としてだけではなく、数学者としても歴史に残っています。さすが当時の学問をすべて修めた大秀才ですね。

小阪修平『イラスト西洋哲学史』】 

デカルトの空間認識がいかに当時画期的で、中世的な自然観を放逐していったかはこの本で読みました。昔どこかでこの本を哲学を学ぶ時の推薦書に挙げていた人がいた気がします。以前は単行本だったのですが、しばらく前(って言っても見たら10年前でしたが)に上下巻で文庫化されたようです。私は単行本で読みました。文庫で再刊されるくらいですから、結構ロングセラーなのかもしれませんね(さらにまた新版になってるみたいです)。

内容としては通史となっており、ソクラテスの時代からヘーゲル以降くらいまでがまとめられていたかと思います。デカルトはその中で一章割かれていたかと思います。全体の割合からいってそう長くありません。

著者は全共闘世代にあたりますが、この世代の方は多くの哲学入門書を書かれていて、しかもわかりやすく面白いものを書きます。偉い人からすれば入門書ばかり書きたがる、ということになるそうですが、いきなり誰が誰やらわからぬ中から哲学書を読めば確実に嫌いになること請け合いなので、ぜひ面白い入門書から学ばれることをお勧めします。でも小阪修平より竹田青嗣の方が面白くてわかりやすいかな。

 

福翁自伝】 

で、福沢諭吉がおしっこした話はこちらに出てます。困った子供ですね。

 

次の日の内容

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/09/16/190004

前の日の内容

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/09/12/193021

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 お話その97(No.0097)

【まとめ】言葉と規則と論理と意味の関係【9】

 

現在時間がなくリンク切れのままとなっております。申し訳ありません。

 

f:id:waka-rukana:20200729165757j:plain

まとめ9 言葉と規則と意味と論理の関係

 

このまとめの要旨

命令も言葉によってなされなければならないのだとすれば言葉の規則こそ根本的なものと思われるけど、逆にそうした言葉の規則の一種=論理によって規則の異なる他者との間でコミュニケーション可能となる側面もあるかもしれない、といったお話のまとめ。

 

書いたもの一覧

f:id:waka-rukana:20200729164637j:plain

 

www.waka-rukana.com

命令も言葉による論理によって行われるので、その範囲において抵抗したり見直したりも出来る可能性はあるかもしれない、ーというようなお話。

 

www.waka-rukana.com

権力をもって命令する人もまた、言葉を使ってしか命令することが出来ないので、結局は言葉の問題が重要になってくるのかもしれない、ーというようなお話。

 

 

www.waka-rukana.com

言葉がある規則によって機能していてそれゆえに意味が生じてくるのと同じように、文化にも規則があってそうした規則によって意味が生じてくるので、他文化の人は異なる規則によって生きているので他者となる、ーというようなお話。

 

www.waka-rukana.com

言葉の規則としてあるものは文化の規則としてあるものよりも根源的なところにあると思われるので、文化の違いによる他者性も、共通する言葉の規則=論理によって対話可能かもしれない、ーというようなお話。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

ハーズバーグ (米 1923-2000 ) 本【著作(翻訳)ブックリスト一覧/リンク(Amazon)】

フレデリック・ハーズバーグ(Herzberg, Frederick )

 

 

ハーズバーグ著作リンク一覧


仕事と人間性北野利信 訳. 東洋経済新報社, 1968 ① )

能率と人間性北野利信 訳. 東洋経済新報社, 1978 ①

 

ハーズバーグ著作一覧


仕事と人間性
能率と人間性

 

Wikipedia

ja.wikipedia.org

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

近代における数学の世界と中世における神の世界 〜自然についての理解や認識の変化と決定的な世界認識の転換

 

近代の数学的世界と中世の神学的世界 〜自然ってなんなのだ、というところから始まってると思います

数学化こそが世界の正しい認識だ、とデカルト以降は思っています。ちょっと前にも似たようなこと書きましたので一応載せておきますね。

 

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/07/03/063019

 

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/07/04/060037

まだ本を記載していた頃なのでタイトルが長いですね(ちょっといそがしくてリンクの貼り直しが出来てません。申し訳ないです…)。

 

世界の数学化

数学こそ世界認識と記述の正しい方法だ、ということはいいのですが、ではデカルトはどのようにそう考えたのでしょうか。実は私はよくわかっていません。しかし以前読んだ解説書に面白い説明がされていたことを思い出します。少し紹介してみますね。

 

f:id:waka-rukana:20200807234356j:plain

 

今、世界の認識の正しい方法が数学化だ、と書きましたが、それは世界の認識を数学的に行うということです。それが正しいというわけですね。ですが、世界ってなんでしょうか。どうやらまずは自然世界のことを指すようです。

 

自然世界の認識

自然世界って、じゃあなんなのさ、といえば物理的世界ですね。でも物理的世界という表現は既に世界を数学化した後の認識方法であることがわかります。じゃ、その元々の自然世界ってなんなのさ、となると、目の前にある物とか動物とか植物とか、要は森羅万象とでも言えるもので、あらゆるもの、と言ってもいいかもしれません。また森羅万象って言ったって、じゃあ自然に対して何かないのか、と人間や社会をあげることも出来ますが、これを科学の分類として捉えてしまいますと自然科学、人文科学、社会科学となってしまって、やはり現在の観点から分けてしまうことになってしまいます。なら地球だ、と呼ぶことも出来るかもしれませんが、それもまた私たちの時代の認識から見返して捉えているのでありデカルトの時代の捉え方とは違ってしまいます。

 

f:id:waka-rukana:20200808010012j:plain

 

ではデカルトの時代であれば自然とはどのようなものとして捉えられていたのでしょうか。

 

神の作った物理的世界としての自然

覚えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、デカルトは近代(もしくは近世)哲学の祖でした。ということはデカルトの時代はまだ近代(もしくは近世)ではなかったということになります。ではなんという時代だったのか。当然それ以前の、中世という時代です。そして近代や近世が数学化によって世界を捉えていった時代だとしたら、中世はどのような方法で世界を捉えていったのでしょうか。それは神によってです。言い方を変えれば、神という概念を中心にして、壮大な体系を作り上げたものによって世界を捉えていました。それが神学です。つまり近代や近世は数学によって世界を認識し説明しているように、中世は神によって世界を認識し説明していたわけです。

 

f:id:waka-rukana:20200808005650j:plain

 

そして自然もまた神(もしくは神学)によって説明されていたのでした。

 

…またお話が先に進みませんでした。一度書き出すと、周辺の説明までしようとしてしまって長くなってしまいますね。こんな調子ですが、おつきあいくだされば幸いです。気が向けばまた次回覗いてみてください。

 

気になったら読んで欲しい本

う〜ん、ちょっと中途半端な内容になってしまいましたので、どんな本がいいのかわかりません。ですが一応

【クライン『数学の文化史』】 

数学がどのように私たちの日常の捉え方まで影響しているかはこの本を読めばわかるかもしれません。私も読んだのですが、数学についての元々の理解がないのでよくわかっていませんし思い出せることも少ないのでした。

 

【グラント『中世の自然学』/小山宙丸『ヨーロッパ中世の自然観』 

また中世の自然についてはこんな本があるようです。今調べた程度なので内容はわかりません。しかし単純に面白そうですね。そのうち読んでみたいですね。

私が読んだ解説書はまた次回にでも載せることにします。

 

次の日の内容

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/09/13/193047

前の日の内容

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/09/11/193057

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 お話その96(No.0096)

デカルト『方法序説』の考える方法 〜正しいもの以外は認めず、問題の分割し、簡単なものから順に考え、最後の全部検討する、という4つの規則【デカルト『方法序説』解説/紹介】

 

デカルト方法序説』と考える方法 〜デカルト曰く、これですべて考えつくせる、とのことです

デカルトは正しいことをどのように考えたのでしょうか。とりあえずヒントは『方法序説』というタイトルにもあります。方法序説って、一体なんの方法なのでしょうか。それは考える方法なのでした。

 

f:id:waka-rukana:20200730205704j:plain

 

考えるための4つの順序

デカルトはあらゆるものを疑えると言い、確かなものは疑っている私しかない、とまで考えました。ではその時どうやって考えたのでしょうか。それはー

 

1.とにかく証明されていて自分で正しいと思われぬものはすべて正しいと認めませんでした。

 

2.そして考えるべき問題を分けれる限りに分けてしまうことにしました。こうすれば複雑な問題も単純なものにまで解体できるからです。

 

3.そうしてわけたものを単純なものから複雑なものまで、順番に考えていくことにしました。こうすることによってわかりやすいものから難しいものへと徐々に考えていくことが出来ますね。

 

4.最後に、考えなければならない問題を一から十まですべて検討し尽くし、並べきってしまいます。そうすることによって考え忘れをなくすわけですね。

 

このような方法をとってデカルト先生はあらゆるものを疑っていったのでした(あ、でもこれは私の翻案みたいなものですからね。デカルトが実際どう書いたかは『方法序説』をご覧ください)。

 

デカルト曰く、あらゆる問題をこの方法で考え尽くせる

と同時に、デカルト先生はこの方法によって自分が考えなければならない問題はすべて考えつくせた、と豪語します。なんてこった! こんな単純と思える方法で、歴史的転換点となる哲学者がすべて考えつくせるとは‼︎ こりゃ便利ですね。ですからみなさんもぜひこの方法をお使いください。多分、Amazonに並ぶ、頭のよくなる方法、みたいな本よりも信頼がおけるのではないでしょうか。少なくとも確かな実績がありますものね。これ一冊あればデカルトの考えた範囲なら、私たちでも考えられるというんですから。おや、宣伝文句まで似てきてしまいました。

 

f:id:waka-rukana:20200807161101p:plain

 

証明された正しいものとしての数学

それはともかく、ではデカルトのはどのようなものが証明された正しいものだと考えたのでしょうか。それが数学だったようです。

 

数学というのは誰がやっても筋道通りにやれば同じ答えが出る、とソクラテスの時代から思われていたようです。確かに1+1=2ですし2×2=4ですからね。これはひとつの計算方法によって必ず同じ答えが出るものです。AさんとBさんで答えが違う、というわけにはなりません。阪神ファンと巨人ファンではひとつのアウトに真逆の答えを出しますが、数学ではそんなことはないですからね。

 

f:id:waka-rukana:20200807165449j:plain

 

そのため数学こそ本当に正しいものへの最も近道に思われたのでした。そしてこの考え方こそが、私たちの生きている世界を形作っています。それが近代という時代です。

 

気になったら読んで欲しい本

 

デカルト方法序説』】 

ちなみになぜ『方法序説』なのかというと、考える方法というだけでなく、実はこの本はもっと大部の本の序文みたいなものだったからです。本来は『屈折光学』『気象学』『幾何学』という3つの論文があって、その序文として書かれたものが『方法序説』だったようです。それが後々あまりに重要だということで独立して一冊の本になったみたいですね。だから訳書の実物を見てもらえばわかりますが、とても薄い本です。その薄さ(=短さ)も哲学書として異例の読みやすさを与えている理由かと思います。

上にも書きましたが、もし書店でよくあるハウトゥ本で、頭のよくなる本、とか、地頭を鍛える、とかいう本に手を伸ばしたくなりましたら、この本を手に取られて基本的な考えを実践されてみる方がいいと思います。そうした本を書いている方々はそれぞれに賢いのかもしれませんが、いくらなんでもデカルトほど賢いとは言い切れないでしょうからね。歴史的偉業を成した人から考え方を学ぶのもきっと益するところが多いかと思います。訳も多いですし、適当に気に入ったものを選べばいいですしね。それに『方法序説』一冊買って読んだ方が安くつきます。

 

次の日の内容

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/09/12/193021

前の日の内容

https://www.waka-rukana.com/entry/2019/09/10/193004

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 お話その95(No.0095)