日々是〆〆吟味

自分で考えていくための参考となるお話や本の紹介を目指しています。一番悩んだのは10歳過ぎだったので、可能な限りお子さんでもわかるように優しく書いていきたいですね。

唯物史観の意味とはわかりやすく言えば、生活を基盤とした歴史観 〜経済(食べるために生産すること)は政治や文化に先立つ土台

 

前回のお話

https://www.waka-rukana.com/entry/300/2021.02.10

 

マルクス唯物史観によって転換された、生活を基礎とした歴史観

マルクス唯物史観

マルクス歴史観(もしくは歴史哲学)というと唯物史観というもので、よく知られた名前なので見たり聞いたりしたことのある人は多いかもしれません。なんだか見ただけではどんな歴史観なのかわかりませんね。でも、唯物史観、なんて言われるとなんだか凄そうで、ちょっと身を引いてしまいそうになります。

 

マルクスドイツ・イデオロギー』】
ドイツ・イデオロギー 新編輯版 (岩波文庫)
 

(たしか唯物史観はこの本の中で誕生したと解説に書いてあったような気がするので載せてみました。こちらの訳はマルクスの手稿をそのまま復元する形で載せており、原意を探りやすいかもしれませんが読みにくいです)

 

しかしマルクスの本を読んでみると、唯物史観の考え方は結構簡単なものです。いえ、むしろ単純といってもいいのかもしれません。それは、歴史歴史といっても、坊主(宗教・思想)や貴族(政治・権力)によって作られてきたものである以上に、食って生きていくこと(生活)を前提としなくては成り立たない、というものです。

 

理念や観念より生活の歴史

なんだ、当たり前じゃないか、と思えますね。でもこの考え方の前提にはヘーゲル歴史観があります。ドイツ観念論の完成者たるヘーゲルの歴史哲学は理念の闘争とみなされました。つまり思想同士の戦いなわけですね。歴史も観念論なわけです。しかしマルクスはそんなわけあるか、と逆転させました。思想だのなんだのと言う前に、まず生きていくために食っていかなくてはいけないのだ、その食べるということ、つまり食物を生産するということを抜きに歴史なんてあるわけなく、この食べるということを保証する生産というものを基礎にした歴史というものの方こそより大切である。とまぁ、こんな感じです(多分そんなに間違ってないんじゃないかなぁ)。

 

ヘーゲル『歴史哲学講義』】
歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)

歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)

  • 作者:ヘーゲル
  • 発売日: 1994/06/16
  • メディア: 文庫
 
歴史哲学講義〈下〉 (岩波文庫)

歴史哲学講義〈下〉 (岩波文庫)

 

(ヘーゲルの歴史哲学はこちら。マルクスと比べてみるのがきっといいのだと思います)

 

f:id:waka-rukana:20210129231829j:image

 

歴史の基礎としての生産様式

そんなわけでマルクスは生産様式というものを歴史の基礎として据えて、政治とか文化もこの生産様式、つまり経済によって都合の良いものが作られていて動いている、と考えました。こういうのを上部構造ー下部構造論なんて言ったりします。要は経済っていうものの上に政治や文化も乗っかってるっていうわけですね。

 

f:id:waka-rukana:20210129232102j:image

 

これは今でも変わらない見方として行き渡っているでしょう。自民党がなにかを決めた時も、大抵悪口として言われることは利権か経団連の意見を呑んだ、なんて形をとります。多分マルクス共産主義や左翼が嫌いな人でもこの見方をして社会的な事柄に対して批判している人は多いかと思います。概念の起源が忘れられて、使い勝手のいいものが流通しているというところかもしれません。

 

世界の動き方についての認識の変化

ま、それはともかく、マルクス唯物史観というものは思想や政治ではなく経済によって世界は動いてるんだ、という点で今日でもなにも変わらない認識を持っているかと思います。多分歴史の見方としても信長や家康といった戦国ヒーロー史観で見るよりも農家の米と流通で見る方が、その時代の社会を理解するという点では正しいでしょう。

 

もしかしたら社会史というものはこうした唯物史観を踏まえて出てきた新しい歴史観なのかもしれませんね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

お話その301(No.0301)

世界の創造の哲学である、中世神学的歴史観と近世以降の人間的歴史観

 

前回のお話

https://www.waka-rukana.com/entry/299/2021.02.09

 

中世における神による世界創造と歴史と、近世以降の人間による歴史への転換

神の歴史から人間の歴史へ

ヘーゲルの哲学は普通カントから出発したドイツ観念論の完成者としてみなされます。観念論、というところがポイントかもしれませんね。つまり世界は人間の観念によって創られてきたわけです。ここにきて中世神学にあった神の立場が人間に引き下げられていることにもなります。キリスト教では天地創造は神の御業だったわけですが、それが人間の手によって世界は創られてきたことになってしまいました。人間も偉くなったものです。

 

f:id:waka-rukana:20210129230743j:image

 

そしてそうした人間による世界創造はどこでなされてきたのか、というと、歴史によって創られてきた、というのがヘーゲル先生の考え方になっているといえるかもしれません(自信ない。違うかも…)。そしてヘーゲル先生は歴史自体も哲学しました。そいでもって観念論の大家ですので、その歴史というものも観念論的なものになります。

 

【『聖書』,ヘーゲル『歴史哲学講義』】
岩波文庫 文語訳聖書 全5冊セット

岩波文庫 文語訳聖書 全5冊セット

  • 発売日: 2016/01/24
  • メディア: 文庫
 
歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)

歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)

  • 作者:ヘーゲル
  • 発売日: 1994/06/16
  • メディア: 文庫
 
歴史哲学講義〈下〉 (岩波文庫)

歴史哲学講義〈下〉 (岩波文庫)

 

(両方読んで歴史観の違いとか考えてみると面白いかもしれません。多分現代ではどちらもちゃんとした歴史とみなされないかもしれませんが、歴史に対する考え方のひとつとしては自然と入り込んでくるかもしれないので、読んでも別に損はないかもしれません)

どういうものかというと、人類の歴史は理念の闘争だ、というものです(なんか前にも書いたかも…)。

 

理念の闘争としての歴史

理念の闘争なんていってもよくわかりませんね。それは時代時代に自分たちのことを現す理念のようなものがある、とまず見なすわけです。たとえばギリシアにはギリシアの精神があり、ローマにはローマの精神があるわけです。これをそれぞれの時代において現れた精神が戦っていって勝ったものが残されて続いていったわけですね(多分)。そして今日現在(当時)ヨーロッパ精神こそが世界を席巻するに至り、かつそのヨーロッパ精神の体現は我が哲学(=ヘーゲル哲学)である、というわけで、ヘーゲル的な歴史はヘーゲル自身によって終わり閉じられる、という凄い歴史哲学を築きました(ただ私の説明はいつも通り間違っているかもしれませんから、よければちゃんとヘーゲル先生の本読んでみてくださいね)。

 

f:id:waka-rukana:20210129231111j:image

 

頂点の時代、ヨーロッパ

これはちょっと無茶苦茶なように思いますが、困ったことに科学も民主主義も資本主義もみんなヨーロッパ産のものであることには間違いありません。もしかしたら他の地域でも生まれたかもしれませんが、事実として産んだのはヨーロッパであることには違いないわけです。そのためヘーゲルの歴史哲学を無茶苦茶なものだと思っても、事実の方が、もしかしたらそうかも、などと思わせたりもしたりするのでした。

 

でもやっぱり無茶苦茶であることには違いない、というか、ヨーロッパ中心主義であると言えるかもしれません。なので、これに反旗を翻したのもマルクスだったりするのでした。

 

次回のお話

https://www.waka-rukana.com/entry/301/2021.02.11

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

お話その300(No.0300)

【まとめ】自我と社会と具体的なものと表現 ~がんじがらめなものとしての私【52】

 

現在時間がなくリンク切れのままとなっております。申し訳ありません。

 

f:id:waka-rukana:20200729165757j:plain

まとめ52 自我と社会と具体的なものと表現 ~がんじがらめなものとしての私

このまとめの要旨

この私と社会の関係を軸に、色々な作品を書いてみたり、またそんな私を受け入れてくれたりするような、そんな作品の在り方が色々ありますね、というようなお話のまとめ。

 

書いたものの一覧

f:id:waka-rukana:20200729164637j:plain

www.waka-rukana.com

たとえば苦しむ時の具体性って、この私にか感じられないものであって他の誰かに肩代わりされないようなものとしてある、これがからっぽであることの対極としての具体性かな、ーというようなお話。

 

www.waka-rukana.com

じゃあそんな私ってどんなもんかといえば、大抵常に社会との関係の中で絡めとられているものとしてあるんじゃないの、ーというようなお話。

 

www.waka-rukana.com

その社会をフィクションで描き尽くそうとすることはとても難しく、なかなか成功しないみたい、ーというようなお話。

 

www.waka-rukana.com

でもこの私には社会とのがんじがらめの関係が集約されているわけだから、この私を題材にして作品を描くことによって社会も描いてみることも出来るようになるかもね、ーというようなお話。

 

www.waka-rukana.com

かといってただ私を題材にすればいいというわけではなくて、自分の中にある社会との関係と格闘しなければ作品にまで現れてこないかもね、ーというようなお話。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

スウィージー (米 1910-2004) 本【著作(翻訳)ブックリスト一覧/リンク(Amazon)】

ポール・M.スウィージー (Sweezy, Paul Marlor)

 

 

スウィージー著作リンク一覧

 

社会主義 (岩波現代叢書 野々村一雄 訳. 岩波書店, 1951① )

資本主義発展の理論(中村金治 訳. 日本評論社, 19511952  / 新版 都留重人 訳. 新評論, 1967)

歴史としての現代 : 資本主義・社会主義に関する論攻 (岩波現代叢書 都留重人 監訳. 岩波書店, 1954)

キユーバ : 一つの革命の解剖 (岩波新書 L.ヒューバーマン共著, 池上幹徳 訳. 岩波書店, 1960)

独占資本 : アメリカの経済・社会秩序にかんする試論(ポール・バラン共著, 小原敬士 訳. 岩波書店, 1967)

論争・マルクス経済学(P.M.スウィージー 編, 玉野井芳郎, 石垣博美 訳. 法政大学出版局, 1969)

キューバ社会主義(岩波新書 L.ヒューバーマン共著, 柴田徳衛 訳. 岩波書店1969 下 1969)

社会主義とはなにか( L.ヒューバーマン共著, 西岡幸泰 訳. 紀伊国屋書店, 1970)

現代とレーニン(ポール・M.スウィージー, ハリー・マグドー 編, 坂井秀夫, 岡俊孝 訳. 福村出版, 1972)

現代資本主義(畠山次郎 訳. 岩波書店, 1975)

アメリカ資本主義の動態(H.マグドフ共著, 岸本重陳 訳. 岩波書店, 1978)

アメリカの繁栄は終った!(H.マグドフ共著, 堀江忠男 監訳. 新評論, 1980)

革命後の社会 (Books'80 伊藤誠 訳. TBSブリタニカ, 1980社会評論社, 1990)

資本主義の世界的危機 : 対訳(岸本重陳 編訳. TBSブリタニカ, 1980① )

アメリカ資本主義の危機(H.マグドフ共著, 伊藤誠 訳. TBSブリタニカ, 1982)

封建制から資本主義への移行(ポール・スウィージー [ほか]著, 大阪経済法科大学経済研究所 訳. 柘植書房, 1982① )

マルクス主義と現代(柴田徳衛 訳. 岩波書店, 1982① )

 

スウィージー著作一覧

 

社会主義 
資本主義発展の理論
歴史としての現代
キユーバ 
独占資本
論争・マルクス経済学
キューバ社会主義 上下
社会主義とはなにか
現代とレーニン
現代資本主義
アメリカ資本主義の動態
アメリカの繁栄は終った!
革命後の社会
資本主義の世界的危機 : 対訳
アメリカ資本主義の危機
封建制から資本主義への移行
マルクス主義と現代

 

Wikipedia

ja.wikipedia.org

PVアクセスランキング にほんブログ村

世界を変えることと解釈することの違い 〜哲学者の仕事は世界を解釈することから変化させることへ

 

前回のお話

https://www.waka-rukana.com/entry/298/2021.02.08

 

世界の解釈から変化への実践という哲学者の使命の変化

観照的態度への批判のはじまり

ヘーゲルの大体系の大哲学を持って近代哲学は終わるとも言える気もするのですが、その後ニーチェみたいにこの私の人間存在を問題にするような実存主義への流れがあると同時に、ヘーゲルにあったかもしれないアリストテレス観照的態度に対しても反発が生まれてきます。それがかの有名なマルクスです。

 

ヘーゲル『法の哲学』】
*1 (岩波文庫 青 630-2)" src="https://m.media-amazon.com/images/I/41LsUnsX+vL.jpg" alt="法の哲学: 自然法と国家学の要綱 *2 (岩波文庫 青 630-2)" />

法の哲学: 自然法と国家学の要綱 *3 (岩波文庫 青 630-2)

  • 作者:ヘーゲル
  • 発売日: 2021/01/18
  • メディア: 文庫
 

(とはいえヘーゲル市民社会を含んだ人間の社会そのものを人間の特徴として考えました。と、思ってこの本を載せようとしたら岩波文庫で新しく出てる。…最近の岩波文庫は他者で既訳のあるものを多く出してる気がするなぁ…もっと未訳のもの積極的に出して欲しいなぁ…)

 

マルクスは革命家だし共産主義の親玉だからアリストテレスヘーゲルみたいな観照的生活とまったく関係なさそうなので、何言ってんの、と思われるかもしれません。しかしマルクスは最初ヘーゲル哲学を学んだ学生だったわけです。そして大学で職を求められず新聞社で社説なんか書きながら、社会の問題点などをよく知りその問題解決のために真面目に考えていくようになっていったそうです。

 

マルクスと社会の矛盾と欺瞞

マルクスによれば現代(当時)はヘーゲル哲学に代表されるように、人類において到達された最終的な時代のはずである。しかし、その到達点である具体的な現れでもある法自体によって人々は苦しめられている。こうした法はその時代の時代精神の体現であるから、現代の法は歴史的にみて最も優れているはずなのにそんなことはない。どうしたことだ、というわけですね。

 

f:id:waka-rukana:20210128222252j:image

 

たとえば当時からひと昔前には森で落ちてる木の枝は勝手に集めてもよかったそうです。それは周りの人たちにとって生活資材であって必要なものだったわけですね。しかし当時の法律は森に落ちている木の枝も土地の所有者のものに定められていたので、生活資材として使っていた人たちは犯罪者として追い出されました。これが人を幸せにするための法律か、事態はまったく逆で土地所有者を満たすために法があるだけではないのか。これでは時代は理想と逆行する、というわけです。

 

マルクスユダヤ人問題によせて ヘーゲル法哲学批判序説』】

(この本の解説の中にそんなことが書いてあったのですが、いつの世も同じだなぁ、と思ってしまいますね)

 

どうもマルクス先生はこうしたところから問題意識を作っていってあそこまで大きな思想と運動にしていったらしく、そう思うとちょっとすごい気がしますね。こうしたことなら私たちでも思いそうです。Twitterなんか見たらこんなこと毎日誰かが言って怒ってますものね。

 

世界の解釈と変化

そしてこうした背景からマルクスヘーゲルの哲学的態度にも疑問を抱きます。そしてとうとうヘーゲルに反旗を翻しました。

 

f:id:waka-rukana:20210128222341j:image

 

マルクスが言うには、これまで哲学者たちは世界を解釈してきた、しかしこれからは世界を変えることこそが必要である。

 

観照的態度から実践へ

ここにきて哲学者の役割が観照的態度から実践的態度へと転換されることになります。これが恐らく、ヘーゲル以降のニーチェとは異なる哲学的態度のひとつかもしれませんね。

 

次回のお話

https://www.waka-rukana.com/entry/300/2021.02.10

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

お話その299(No.0299)

*1:

*2:

*3: